• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

着物にぜいたくの限りを尽くすこと。

「袖重ねの―、鹿子 (かのこ) ならざる小褄 (こづま) もなく」〈浮・懐硯・五〉