• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

花見・遊山で小宴を開くときなどに、木の間に綱を張り、これに衣装をかけて幕としたもの。小袖幕 (こそでまく) 。

「東叡山の春の盛り都にも見ぬ―」〈浮・栄花一代男〉