• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 衣服。着物。ころも。「歯に―着せずものを言う」

  1. 古代、上半身を包むものの総称。平安時代の装束では、上着と肌着との間に着た衣服。袿 (うちき) 衵 (あこめ) など。

  1. 皮膚、動物の羽毛や皮、里芋の子の皮などを、衣服にたとえていう語。

    1. 「鶏のひなの…―短げなるさまして」〈能因本枕・一五五〉