1. 徳行・善行を世に広く知らせること。彰徳。「―碑」

  1. 表徳号」の略。

    1. 「看板にする酒の―は定 (きま) ったし」〈万太郎・続末枯〉