• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

表裏一体の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

二つのものの関係が、表と裏のように密接で切り離せないこと。▽「表裏」はおもてとうら。「一体」は一つのものの意。表裏は同体で切り離すことができない関係にあること。
句例
表裏一体の間柄、表裏一体になる
用例
今、公文の心にひっかかったのは、まさに協子の言った言葉と表裏一体をなす、不安と恐れだった。<曾野綾子・木枯しの庭>

表裏一体の解説 - 学研 四字辞典熟語

二つのものが、表と裏の関係にあるように密接につながり、切り離せないこと。また、裏表のないこと。
注記
「表裏」は、表と裏。「一体」は、一つのもの。同体。裏と表は同体で切り離すことができないから。

表裏一体の解説 - 小学館 大辞泉

相反する二つのものが大もとでは一つであること。また、二つのものの関係が密接で切り離せないこと。「官民が表裏一体となって開発を進める」

キーワード[相関関係]の四字熟語

キーワード[対]の四字熟語