• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 主人の外出の際、物入れの袋を持って供をすること。また、その者。

    1. 「―に提灯 (ちゃうちん) 消させて」〈浮・胸算用・三〉

  1. 大国主命が兄たちの荷物を持ったところからという》人に遅れをとること。また、その者。

    1. 「事功の人におくるる者を世俗に―といふも」〈古事記伝・一〇〉

  1. 老年まで疱瘡 (ほうそう) にかからない者。袋かつぎ。

    1. 「―一生ひまがあかずに居」〈柳多留・二〉

  1. 《疱瘡にかからないと肌がきれいであるところから》美人。

    1. 「支度金取って行くのは―」〈桜の実・七〉