• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

着物の袖が涙にぬれているのを、浦に見立てていう語。

「忍びねの涙たたふる―になづまず宿る秋の夜の月」〈山家集・中〉

神奈川県鎌倉市、七里ヶ浜の別称。
山形県酒田市、最上川河口付近の海岸。[歌枕]
    1. 「―のなみ吹きかへす秋風に雲の上まで涼しかるらむ」〈新古今・雑上〉