• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ひどく泣いて袖がぬれるのを、絶えず波の打ち寄せる港にたとえた語。

「かげなれて宿る月かな人知れずよなよなさはぐ―に」〈続後撰・恋二〉