• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

袖にかかる露。袖が涙にぬれるたとえ。

「暮れかかるむなしき空の秋を見ておぼえずたまる―かな」〈新古今・秋上〉