• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狩衣 (かりぎぬ) 水干 (すいかん) 直垂 (ひたたれ) などの袖口に、長短交互に通した緒 (お) 。初めは行動に便利なようにこの緒をくくったが、のちには一種の装飾となった。袖の下に垂れた緒の先は露 (つゆ) という。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉