• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

着ている着物の袖を枕とすること。また、その袖。

「せきあへず涙にぬるる―かわかずながら幾夜へぬらん」〈夫木・三二〉