• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

被褐懐玉の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

うわべは粗末だが、内にはすぐれた徳を備えているたとえ。すぐれた才能を表に現さず、包み隠しているたとえ。うわべは粗末な服を着ていながら、ふところに玉を隠している意から。▽「被」はまとう、「褐」は粗末な衣服の意。「懐」はふところにする意。「褐かつを被こうむり玉たまを懐いだく」と訓読する。
出典
『老子ろうし』七〇章
類語
自己韜晦じことうかい 大智不智だいちふち 韜光晦迹とうこうかいせき 被褐懐宝ひかつかいほう
やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。