《「穿 (は) く裳 (も) 」の意かという》

  1. 和服で、着物を着た上からつけて、腰から下を覆う緩やかな衣服。ひもで腰に結び留める。行灯 (あんどん) 袴馬乗 (うまのり) 袴近世に礼服として用いられた長袴など種類が多い。「—をつける」

  1. つくしの節を包む苞葉 (ほうよう) 。また、笹や草の茎を包む葉鞘 (ようしょう) や、どんぐり殻斗 (かくと) のこと。

  1. 酒徳利を据えておくための、筒型またはます型の器。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月