《「穿 (は) く裳 (も) 」の意かという》

  1. 和服で、着物を着た上からつけて、腰から下を覆う緩やかな衣服。ひもで腰に結び留める。行灯 (あんどん) 袴馬乗 (うまのり) 袴、近世に礼服として用いられた長袴など種類が多い。「袴をつける」

  1. つくしの節を包む苞葉 (ほうよう) 。また、笹や草の茎を包む葉鞘 (ようしょう) や、どんぐり殻斗 (かくと) のこと。

  1. 酒徳利を据えておくための、筒型またはます型の器。