《「うちぎ」とも》平安時代以来、貴族の男性が狩衣 (かりぎぬ) 直衣 (のうし) の下に着た衣服。女性の場合は唐衣 (からぎぬ) の下に着た。単に衣 (きぬ) ともいわれる。