1. (裁き)理非を明らかにすること。裁判。審判。「法の―を受ける」「神の―が下る」

  1. 手先を使って物事をうまく取り扱うこと。「袱紗 (ふくさ) ―」

    1. 「鋏 (はさみ) の―がまるで下手なくせに」〈高見故旧忘れ得べき

  1. ごたごたした物事を処理したり管理したりすること。

  1. 囲碁で、弱い石や孤立した石の始末をうまくつけること。

  1. 将棋で、局面を進展させるために、駒を十分に活用し働かせること。

  1. 連歌・連句の席で、一座の宗匠が付句の運びがうまくいくように指導すること。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉