• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「よそいものどころ」の音変化か》節会 (せちえ) などのとき、紫宸殿 (ししんでん) の中に屏風 (びょうぶ) で囲い、倚子 (いし) を立てて設けた、天皇の臨時の着替え所。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉