• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

CMOSを用いたイメージセンサー(撮像素子)。従来の受光部と配線層の表裏を逆にし、配線層が入射光の妨げにならないよう配置したもの。素子の面積が同じでもより多くの光を受け取れるため、高感度化、低ノイズ化を図ることができる。平成20年(2008)、ソニーが民生品向けの量産化に成功。ビデオカメラ・デジタルカメラ・携帯電話などに採用された。裏面照射型CMOSセンサー。