• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

主に平安時代、公家の女子が成人したしるしに初めてをつける儀式。結婚前の12、3歳ごろ、吉日を選んで行った。着裳 (ちゃくも) 。