• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

新藤兼人の監督・脚本・制作による映画の題名。昭和35年(1960)公開。瀬戸内海の島に暮らす農民一家の暮らしを、台詞 (せりふ) を一切使わない実験的な手法で描いた。出演、殿山泰司、乙羽信子ほか。モスクワ国際映画祭グランプリ受賞。