• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 八掛 (はっかけ) 」に同じ。

    1. 「三つ重ねたる小袖、みな黒羽二重に―の紅裏 (もみうら) 」〈浮・五人女・三〉

  1. 相撲のきまり手の一。相手の投げを残しながら、相手の足首を取ってあおむけに倒す技。