• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

同系色で、上方を淡くし、下方をしだいに濃くする染め方や織り方。甲冑 (かっちゅう) の威 (おどし) では、上方を白、次を黄とし、しだいに濃い色とする。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉