• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

複号を含む数式において、複号の上側または下側のみを採ってひとつの式とみなすこと。たとえば三角関数加法定理の式cos(α±β)=cosαcosβ∓ sinαsinβのように、和と差の式を同時に表現するときなどに用いられる。