• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 衣服や袋物などの布幅にゆとりを持たせるために補う布。袴 (はかま) の内股 (うちまた) や羽織の脇 (わき) 間などに入れる。

  1. かばん・ランドセル・財布などの側面で、厚みになる部分。口の開閉に伴って、その部分の革や布が折れ曲がったり伸びたりするものもある。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉