西園寺公望の解説 - 小学館 大辞泉

[1849~1940]政治家。10年間フランスに留学、帰国後明治法律学校(のちの明治大学)を創立。文相・外相・蔵相などを歴任、日露戦争後、桂太郎と交互に政権を担当。のち、パリ講和会議の首席全権。昭和期は最後の元老として後継首相の奏薦に当たった。

西園寺公望の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家 実業家
出生地
山城国(現・京都府)
生年月日
1849年12月7日 いて座
没年月日
1940年11月24日(享年90歳)

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉