• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

滑稽小説。15編30冊。仮名垣魯文作。12編以下は総生寛作。明治3~9年(1870~76)刊。「東海道中膝栗毛」をまねて、初代の弥次郎兵衛・北八と同名の孫がロンドンの博覧会を見物するまでを滑稽な道中記にしたもの。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉