• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
謡曲。三番目四番目物世阿弥作。庵 (いおり) へ桜を見に集まる人々を嫌う西行の詠歌を桜の精が非難し、春の宵を惜しみつつ舞をまう。
地歌・箏曲 (そうきょく) 。菊崎検校作曲。手事物 (てごともの) 。歌詞はに基づく。