• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

後鳥羽上皇の時、北面の武士に加えて置かれ、院の西に勤務した武士。院中の警固、盗賊の追捕 (ついぶ) などに当たった。承久の乱後廃止。西面。にしおもて。→北面の武士

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉