仏語。仏の姿や光、あるいは浄土のさまを目のあたりに見ること。