仏語。仏の姿や光、あるいは浄土のさまを目のあたりに見ること。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉