• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ラ五(四)]

  1. 見て取る。見てはっきりとさとる。「彼我の実力の差を瞬時に―・る」

  1. (「看取る」とも書く)病人の世話をする。看病する。また、その人の臨終に付き添う。「重病の父を―・る」「母の最期を―・る」

  1. 見て写し取る。

    1. 「師によく似せ習ひ、―・りて、我が物になりて」〈至花道