• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動バ下二]

  1. 遠くを見る。

    1. 「目を―・べて、此の僧をいかにも思ひたる気色もなくありける」〈今昔・二〇・三九〉

  1. 流し目でじっと見る。

    1. 「見返りたる目見 (まみ) 、いたう―・べたれど」〈・紅葉賀〉