[名](スル)仏語。自己に本来備わっている本性を見究めること。禅宗の用語。
  • 「私が三年前夢中になって坐って―した所なのです」〈森田草平煤煙

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉