1. 最後まで見終わらない夢。

  1. 心残りなことや実現不可能なことのたとえ。「優勝は、見果てぬ夢に終わった」

李恢成 (イフェソン) の長編小説。昭和52年(1977)から昭和54年(1979)にかけて全6巻を刊行。韓国のソウルを舞台に、土着の社会主義を目指す人々の苦悩を描く。

出典:青空文庫