和歌で、対象をありのままに淡々と詠むこと。また、その歌。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫