1. 見渡すこと。遠く見渡せる所。また、見渡せる範囲。みはらし。「見渡しのいい所」「見渡しがきかない」

  1. 連歌・俳諧で、一の折の裏と二の折の表のように、懐紙をひろげて見渡せる範囲。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫