• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動サ四]
  1. ひどい目にあわせる。思い知らせる。

    1. 「腹の立つきほひ口に、叔母をも知らいで―・した」〈浄・女腹切

  1. 「する」「なす」の俗な言い方。やらかす。やっつける。

    1. 「小半酒 (こなからざけ) を冷にて―・し」〈浮・色三味線・二〉

[動サ下二]
  1. 見てわかるようにさせる。

    1. 「十有八変と筆太に―・せたるは、転宅 (たながへ) の数をいへるか」〈滑・浮世床・初〉

  1. 1に同じ。

    1. 「手杖にてしたたか―・せ帰られける」〈洒・当世花街談義〉

  1. 2に同じ。

    1. 「お易いこと、めでたう一筆―・せう」〈浄・氷の朔日