1. 見て選び定めること。選定。「妻の―によるネクタイ」

  1. 病気を診断すること。また、その結果。「医者の―」「―違い」

  1. 2から転じて》こうだろうと予測すること。「日経平均8000円割れはないというのが専門家の―だ」

    1. ㋐あるものを、それと似た別のもので示すこと。「庭園に富士の―の山を築く」

    2. ㋑俳諧で、あるものを他になぞらえて句をつくること。

  1. 思いつき。また、趣向。

    1. 「何をしたればとて商ひの相手はあり。珍しき―もがな」〈浮・永代蔵・三〉

  1. 見送り。送別。

    1. 「明日―に来ませう」〈浄・氷の朔日

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫