1. 《「みどおし」とも》初めから終わりまで見つづけること。「朝からテレビの―だ」

  1. さえぎるものがなく遠くまで見えること。また、その場所。「―のきく展望台」

  1. 人の心や目に見えない内面の物事を見抜くこと。洞察。「何でもお―だ」

  1. 物事のなりゆきや、将来のことを予測すること。「復旧の―がつかない」

出典:青空文庫

出典:gooニュース