• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

規矩準縄の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

物事や行為の標準・基準になるもののこと。手本。きまり。▽「規」はコンパス。円を描くのに用いる。「矩」は方形を描くさしがね(直角に曲がったものさし)。定規。「準」は水平を測るための水盛みずもり。水準器。「縄」は直線を引くための墨縄すみなわ。転じて、物事の基準や法則をいう。
出典
『孟子もうし』離婁りろう
用例
あながち法則にのみ拘泥して、彼の工たくみが規矩準縄もてものするごとく強いて意を枉げ筆を矯めて<坪内逍遥・小説神髄>
類語
規矩縄墨きくじょうぼく 規則縄墨きそくじょうぼく

規矩準縄の解説 - 学研 四字熟語辞典

物事などの標準や基準になるもののこと。手本。規則。
注記
「規」は、コンパス。「矩」は、さしがね(L字形の定規)。「準」は、水盛みずもり(水平を測るための器具。今でいう水準器)。「縄」は、直線を引く墨縄すみなわ。「規矩」も「準縄」も、物事の基準・標準の意。
出典
『孟子もうし』離婁りろう・上
類語
鉤縄規矩こうじょうきく

規矩準縄の解説 - 小学館 大辞泉

《「孟子」離婁上から。「準」は平をはかるみずもり、「縄」は直をはかるすみなわ》物事・行動の規準になるもの。法則。規則。手本。

キーワード[規則・規律]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。