• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 目と対象物との相対的位置の移動または差違による、網膜上の結像位置の変化。対象物に対して、両眼視線の挟む角度で表される、両眼視差によって対象物の遠近を知覚する。

  1. 天文学で、天体の一点を2か所から見たときの方向の差。地球中心と観測者の位置とを結ぶ線、すなわち半径基線とする日周視差は太陽系内の天体距離測定に、また、地球公転軌道半径を基線とする年周視差は恒星の距離測定に利用

  1. 写真測量で、ある地点を隣り合う2枚の写真で写したときの方向の違い。その地点までの距離算出できる。

  1. 写真で、ファインダー視野実際に写る範囲との違い。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月