• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

親方・主人のためを思ってしたことが、かえってよくない結果になる。

「―といふやつらが、なんぞ事にして、うぬらが喰物にしようと思って」〈滑・虚誕計・後〉