[名](スル)親しく接してその感化を受けること。しんせき。
  • 「予自身も、本多子爵に―して明治初期の逸事瑣談 (いつじさだん) を聞かせて貰うようになって」〈芥川・開化の殺人〉

出典:青空文庫