• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

自分の目で実状などを見ること。みずから引見すること。

「校訂の間傍ら実際―の旧草を抄録し」〈渋沢栄一・立会略則〉