1. 家族を除く、血族姻族の総称。その家族から見て、血縁や婚姻で生じた関係によってつながっている人々。親戚 (しんせき) 。「遠くの親類より近くの他人」

  1. 同類やよく似ているもののたとえ。「狼と犬は親類である」

  1. 父系の血族。父方の一族。「縁者」と区別していう。

    1. 「朝敵と成りて、―みな梟せられ」〈古活字本平治・上〉

[用法]親類・[用法]親戚 (しんせき) ・[用法]親族――「親類(親戚・親族)一同が集まった」など、血縁関係を表す場合は、相通じて用いられる。◇「親類」と「親戚」は日常的には同じように使えるが、「親類」の方がよりくだけた感じがある。また、同類であることやよく似ているという意を示す「トラとネコは親類だ」のような例では、「親戚」よりは「親類」を用いるのが普通。◇「親類(親戚)の家に厄介になる」に「親族」は使いにくい。「親族」は、家族・親戚を一つのグループにまとめて、改まって言う場合に用いる。「親族会議」「御親族のかたから御焼香願います」など。

出典:青空文庫