• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《観世大夫の紋所だったところから》渦を巻く水の模様。扇面や謡本の表紙などに用いられる。かんぜすい。