• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和紙を細く切り、指先でよって糸のようにし、それをさらに2本より合わせたもの。また、1本だけのこよりもいう。かんぜこより。かんじんより。かんぜんより。

[補説]観世大夫と関係づける説が多いが未詳。