(梵)Avalokiteśvaraの訳》世の人々の音声を観じて、その苦悩から救済する菩薩。人々の姿に応じて大慈悲を行ずるところから千変万化の相となるといい、その姿は六観音三十三観音などに表される。また、勢至菩薩とともに阿弥陀仏の脇侍で、宝冠に化仏 (けぶつ) をつけ、独尊としても信仰される。観音菩薩。観自在菩薩。観世音。

[補説]鳩摩羅什 (くまらじゅう) による旧訳で、玄奘 (げんじょう) の新訳では「観自在」とされる。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫