• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ある観念の具象化を目的として書かれた小説。特に日清 (にっしん) 戦争直後に現れた、現実社会の矛盾・暗黒面に対する作者の観念を問題意識として提出した小説をさす。泉鏡花の「夜行巡査」「外科室」、川上眉山 (かわかみびざん) の「書記官」「うらおもて」など。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉