[名](スル)
  1. 主観をまじえないで物事を冷静に観察して、意味を明らかに知ること。

    1. 「僕は単に存在するものをそのままの状態で―して」〈島木健作・続生活の探求〉

  1. 美学で、対象の美を直接的に感じ取ること。美の直観。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫