• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ツノゴケ科のコケ植物。道ばたなどの湿った所に群生。濃緑色の葉状体から、高さ3~4センチの円柱状の胞子体が出て、熟すと縦に裂ける。にわつのごけ。

  1. 苔 (たい) 類・蘚 (せん) 類と並ぶコケ植物の一群。葉状体で、胞子嚢 (ほうしのう) は柱状。