脈翅 (みゃくし) 目ツノトンボ科の昆虫。夏、草原を飛び、体長3センチくらいでトンボに似るが、触角は長くて先端が膨れ、翅 (はね) を屋根状にたたんで休む。体は黄褐色で、背に縦の黄色の帯がある。幼虫はアリジゴクに似るが、石下などにすむ。

[生物/動物名]カテゴリの言葉